GoogleMapsAPI とプレミアム

GoogleMapsAPIとは普段では無償で使うことができますが、プレミアム版は有償となります。ゼンリンの制作した地図データーをGoogleとが提携して、よりよいサービスに向けて提携していこうとする事業展開になります。GoogleMapsAPIプレミアムは無償版に規制がかけられていた地図データーの制限の解除だったり地図の解像度とかサイト内に使われている画像データーの解像度を上げるなどしてイメージに貢献するためにプレミアムとして有償にしているものと思われます。特に個人で使う場合には何の問題もありませんが、法人だったりお客相手でのお店だったりすると人気ある企業としては1日にして何万回ものアクセスがあることに心配することになります。

GoogleMapsAPIとしてはそんな点もクリアにすべくゼンリンデータコーポレーションとその他のこのサービスを販売している会社などと提携することで、より効率のよいサービスを目指しています。このサービスはオープン価格のようですので、細かい状況やサービスを扱う会社によってとなります。ですからサイトには値段は提示されていません。導入する前にどこが安いのか調べて見ることもお勧めします。

このサービスは見る側というより見せる側の企業側ということがコンテンツにあります。とは言ってもさほどの高額にはならなそうなイメージとなります。ゼンリンデータコーポレーションでは国内のサービスでしたが、これをグーグルが世界的に広げようとした試みだとおもいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *