GoogleMapsAPIで表示できる地図とは

GoogleMapsAPIでは日本国内だけでなく世界中の地図を表示することができます。以前は有料の地図サービスを利用するのが主流でした。現在ではGoogleMapsAPIが登場したことで誰でも無料で世界中の地図をホームページに表示できるようになっています。実際にホームページに地図を導入するための作業はAPIキーを取得してコードをHTMLファイルに記載するだけです。

簡単に地図を表示できるだけではありません。ホームページ内の好きな場所に地図を表示でき、CSSで形状も変えることが可能です。有料の地図サービスが主流だった時代には、サービスの提供会社が作成した形式でのみ地図を表示することができました。しかし現在ではホームページ内の任意の場所に表示できるだけでなく、高さや幅なども自由に変えることができます。

APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースの略称で、ソフトウェアの機能を外部の人々と共有することを意味します。GoogleMapsAPIを使用すれば、企業・個人を問わず誰でもホームページに地図を組み込むことができます。GoogleMapsAPIには他にも関連APIがあり、有料で機能を追加するサービスも存在します。地図の利用者の情報を分析したり、ルート検索や乗換案内を表示するなど関連APIを利用すれば様々なことが可能となります。

有料サービスは企業のホームページを対象としています。無料サービスでもホームページをグレードアップさせるのに十分な機能があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *