GoogleMapsAPIをホームページで利用する

GoogleMapsAPIは無料でホームページに地図を表示できるサービスです。かつては地図サービスを提供している会社に毎月数十万円の利用料を支払う必要がありました。GoogleMapsAPIを利用すれば、基本的に料金が無料です。かつての有料サービスは提供会社のホームページにリンクする形で表示されたり、決まった形状の地図のみが使用できました。

しかしGoogleMapsAPIならばCSSを使用して好きなように地図の形状を変えることができます。実際にホームページに導入する方法は非常にシンプルです。地図を利用するためにはAPIキーを取得する必要があります。以前はキーがなくても利用できましたが、現在は必ず取得することが求められます。

APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースの略称です。ソフトウェアの機能を共有することを意味します。インターネット上にAPIのコードが公開されている場合には、ホームページのHTMLファイルに記載するだけで簡単に機能を共有できます。GoogleMapsAPIをホームページで利用するために必要な作業はAPIキーの取得とHTMLファイルへのコードの記載だけです。

地図はホームページ内の好きな場所に表示させることができます。かつては地図を表示するために高額な費用が必要でした。現在ではGoogleMapsAPIによって無料でホームページに地図を導入でき、表示場所や形状なども自由に変えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *