誰でも無料で使えるGoogleMapsのAPI

APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースを省略したもので、ソフトウェアの機能を共有するためのインタフェースの仕様を指します。アプリケーションプログラミングインタフェースはホームページやソフトウェアを作成する場合に埋め込むことができるコードの形で一般的に公開されます。GoogleMapsには地図機能以外にも関連する様々なAPIが存在します。それらを利用すればGoogleMapsをより便利に利用することが可能です。

主に企業がビジネス目的で作成するホームページのための有料サービスが存在し、様々な機能の追加が行われています。GoogleMapsと関連するAPIを利用して追加できる機能は45度の鳥瞰写真や地図利用者の情報分析、ルート検索、リアルタイムの渋滞表示など様々なです。有料サービスは企業向けに行われていますが、無料サービスでも十分な機能を有しています。また無料サービスは企業・個人を問わず利用できます。

GoogleMapsAPIが利用できるようになる前は、ホームページで地図を表示するために有料のサービス提供会社に1か月当たり10万円以上の利用料を支払うことが必要でした。現在では誰でも無料で優れた地図を利用することができます。GoogleMapsを活用すると日本国内だけでなく世界中の地図をホームページに表示可能となります。実際に利用する場合に必要な作業はAPIキーの登録とコードをHTMLファイルに記載することです。

非常にシンプルな作業で簡単に利用できます。またスタイルシートを利用すれば地図のデザインを変更することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *