GoogleMapsを無料で利用できるAPI

GoogleMapsのAPIが登場するまでは、ホームページ上で地図を表示するサービスは有料でした。有料サービスを利用するには毎月10万円以上の利用料を支払う必要があります。また地図の形式は有料地図サービスの提供会社によって予め決められており、提供会社のホームページにリンクする形のものありました。しかしGoogleMapsAPIを利用すると自分のホームページに直接表示できるだけでなく、スタイルシートを利用して形状を変えることもできます。

GoogleMapsAPIは誰もが簡単に無料で地図を利用することを可能としました。利用できる地図の種類は日本国内のものだけではありません。世界中の地図をホームページの任意の場所に表示できます。実際の利用方法は非常にシンプルです。

APIキーの登録を行い、公開されているコードをホームページのHTMLファイルに記載するだけです。HTMLでは任意のタグにidタグやclassタグを付けてスタイルシートで幅や高さなどを変えることができます。GoogleMapsAPIのコードもidタグを使用すれば大きさなどを自由に変えることが可能です。基本的に無料サービスだけでも十分な機能がありますが、企業を対象とした有料サービスも存在します。

有料サービスでは企業のホームページで表示する地図に乗換案内やルート検索、移動時間予測、地図利用者の情報分析ななど様々な機能を追加可能です。無料サービスでも十分な機能を有しますが、有料サービスを利用すればより機能性を向上させることができます。SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *