Googleマップをアプリから使う

Googleマップは最新のデータがうりとなっています。地図の提供元であるゼンリンは日々データの修正を行ってくれていますし、ストリートビューは対応範囲が広がっており、主要な道路はもとより、一部では建物の中なども対応が進んでいます。このようなデータはAPIと呼ばれる形式ですぐにアプリから利用することができます。アプリはスマートフォン用として人気がありますが、アイデアを実現できる場として活用されています。

中でもインターネット上のデータを生かしたアプリが人気となっており、その一つがGoogleマップのデータを利用したアプリです。ロガーであったり、情報提供アプリであったりとGoogleマップの利用価値は無限大です。さまざまなアイデアを実現するための基盤データとして活用が進められています。使い方については利用登録すればすぐに利用でき、各種プログラム言語に合わせたSDKが用意されています。

ウェブアプリではJavascriptで呼び出しますが、スマートフォン用のアプリでも同様に呼び出せますし、専用言語で呼び出すことも可能です。呼び出されるデータは使いやすい形式にまとまっており、また、リアルタイムで取得できることが多いのもうれしいところです。地図データについても利用料金がほぼ発生しない課金方式となっており、正確な地図データをすぐにアプリで利用でき、さまざまなアプリが日々生まれており、好評を得ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *