Googleマップをビジネスに使う

Googleマップは個人利用以外にビジネスでも無料で使えます。一部有料ですが、多くのサービスで無料で使える地図データはGoogleマップくらいなものであり、使い勝手が良いです。しかも、ゼンリンが日々更新してる地図データですから、正確さが重要なビジネスにも活用できます。Googleマップの利用にはウェブからそのまま使う方法とサービスからAPIで呼び出す方法があります。

どちらの場合でも無料で使えるのですが、自社のサービスに組み込む際は利用料がかかることがあります。利用料については利用されたAPIの回数で決まっており、見積もりしやすくなっています。また、無料で使える枠も用意されているのでテスト期間などは課金せずに利用できます。利用料についてはかなりのアクセス数まで無料枠があるので多くの場合は課金を気にせずに利用できます。

サービスに組み込むことでビジネスへの応用も進んでいます。ビジネスでは地図データがさまざまな場所で活用されますが、配送業などGPSと連動させて利用するケースが増えています。GPSとの連動ではスマートフォンを活用するケースも多く、専用のSDKを利用して開発が行われます。SDKについてはJavascriptが基本となっていますが、各種プログラム言語に対応させてきているので使い勝手はとてもよいと評判です。

しかも、利用者が多いのでどんどん洗練されてさらに使いやすくなってきているのも注目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *