検索エンジンの仕組みの理解はSEO対策に直結する

検索エンジンは、WEBサイトを運営しているユーザーに対してSEO対策を実践することを認めています。一見すると、SEO対策を講じると検索エンジンの掲載順位を意図的にユーザーが改ざんできるようになってしまうため、サービス上でも良くないと考えられてしまいます。しかし、検索エンジンはこういった不当な検索順位の変動を行わないように、きちんといくつかのルールを設けています。ユーザーが健全にSEO対策を行う上で、やってはいけないことが明記されていますのでそれをきちんと理解して行っていく必要があります。

こういった、検索エンジンの運営が守られているのはSEOの判断基準が機械的なものになっているからに他なりません。WEBには、人間の目では確認できないほどの膨大なサイトが存在します。それらのサイトは、検索エンジンが準備したクローラーと呼ばれるロボットがみて回ります。このロボットには、検索エンジンが設けたルールを守っているのか、そしてより良い情報を提供しているのかなどのアルゴリズムが搭載されています。

つまり、SEO対策というのはこうやって自分のサイトにやってきてくれるクローラーに対して発信しなくてはいけないものです。機械的な手法であっても、SEO対策の評価を判断するクローラーが認めれば何の問題もありません。一方で、ここでダメだと判断されるとペナルティを受ける可能性もありますので、この点を理解して正しい手法を選択することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *