宣伝活動はSEO対策にあまり意味はない

サイトにユーザーが集まれば、それだけ優良なコンテンツが存在するサイトであると検索エンジンが判断してくれる可能性があります。しかし、ユーザーが継続的に集まってくれないとあまり意味はありません。例えば、WEB上のサービスには検索エンジンを利用した広告や宣伝方法が存在します。こういった方法は、一見するとSEO対策に有効であると誤解をしてしまいがちです。

しかし、こういった方法は一時的に効果があるだけであって、継続的にユーザーを集める効果が存在するものではありません。そもそも、SEO対策の最終的な目的は自分の運営しているサイトを検索エンジンの上位に掲載してもらうということです。確かに、広告を利用すると自分のサイトは検索エンジンの見えやすい位置に設置されます。しかし、それはお金を支払って得ている効果に過ぎないので、検索エンジンから高く評価されているわけではありません。

実際に、同テーマで宣伝が他のサイトと重なってしまった場合には、よりコンテンツが魅力的であると判断される方が優先的に表示されます。つまり、宣伝や広告を利用してもコンテンツで他のサイトに負けている場合には、優先的に検索エンジンの上位に掲載してもらうことができなくなります。ですから、こういった手法とは別に必ず独自のSEO対策を講じなくてはいけません。SEO対策は、一度効果を発揮すると同テーマで必ず検索エンジンの上位に掲載されるので、この違いを理解しておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *