SEO対策には記事数ではなく内容を重視する

ブログの強さはページ数の強さで決まる、と言われて来ました。ブログを開始してすぐは記事数が少なく、アクセスも少ない為、とにかくまず記事数を増やす事が最重要だと言われたのです。個人ブログで言えば最低10記事、出来れば30記事辺りが最低ラインです。内容にもよりますが、その辺りから検索エンジンに引っかかる様になって来るため、記事数は重視されていたのです。

実際にそれは必要な要素の一つでもあるのですが、しかしSEO対策はそこだけに注力すれば良いという訳ではありません。なんとしてでも記事数を増やしたい場合、外注に頼ってとにかく底質な記事を量産してしまえばいいからです。一時期そういったサイトが増えました。しばらくは記事数の多さでSEO対策が功を奏し、検索結果の上位に入っていましたが、そのうち下がって行きました。

そこはやはり検索エンジン側も学習していて、そのブログが持っている記事の数だけをポイントの要素にしなくなったのです。記事の内容が全て良質なら良かったのかもしれませんが、さすがに量産記事ではそうもいきません。一つのブログに10万件以上の記事が作られたりしたのです。これでは読者もどれを読めばいいか分かりません。

そうして検索エンジンでは記事数を単純に良い事とは取らずに、記事の内容をしっかり判断してランク付けする方針に変わっていったのです。記事数で勝負するなら企業の作るブログに適いようがありません。個人でブログを書くときは、良質な記事を書く、それが一番のSEO対策となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *