SEO対策とリスティング広告の違いとは

SEO対策とリスティング広告は、どちらもWEBページへの集客を目的とした施策ですが、これらは基本的には異なる施策となるため混同しないように注意する必要があります。

SEO対策とは検索エンジンの最適化のことで、Googleなどの検索エンジンから高い評価を得て、検索結果で上位表示されることを目的に実施される施策です。一方、リスティング広告とは、検索結果の上部や下部ある広告枠に掲載される広告のことを指します。検索連動型広告とも呼ばれる広告で、広告がクリックされることで費用が発生するクリック課金制が採用されています。また、これらの施策にはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあります。

SEO対策のメリットは、自身で対策を行えば費用が一切かかることがないことや、若干の変動はあるものの基本的には一度上位表示されてしまえばしばらく上位表示され続ける継続性があることです。しかし、施策を行ったからと言って必ずしも上位表示されるわけではないことや、上位表示されるまでには時間がかかるというデメリットがあります。一方のリスティング広告のメリットは、費用を支払えば確実に広告を掲載できる確実性と、すぐに掲載できる即効性があることです。

しかし、費用の支払いを止めれば表示されなくなるため継続性が乏しいというデメリットがあります。また、検索結果の目立つ位置に表示されるものの、必ずしもクリック率が高いわけではないことも念頭に置いておく必要があります。このように、SEO対策とリスティング広告はどちらもメリット・デメリットがありますが、一概にどちらの施策が良いのかを言い切ることはできません。基本的には、短期的な集客を目指すのであればリスティング広告、中長期的に安定した集客を求めるのであればSEO対策が適していると言えますが、状況に応じて上手に併用していくことが大きな成果につなげるポイントとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *