SEO対策におけるURL正規化とは

SEO対策には、大きく内部対策と外部対策の2種類の施策がありますが、内部対策のひとつにURLの正規化があります。

URLの正規化を行っていない場合、他の施策を行っていても思ったような効果が得られないため注意が必要です。URL正規化とは、WebサイトにアクセスできるURLを1つに統合することを指します。通常Webサイトを作成すると、wwwやindex.htmlの有無など複数のURLから同じページにアクセスできる状態となりますが、検索エンジンはURLが1文字でも異なると別ページとして認識する仕組みとなっています。

そのため、URLの正規化を行っていないと、本来は同じページであっても検索エンジンからは別ページとして扱われてしまいます。その結果、本来は1つのページに集約されるはずである検索エンジンからの評価が、複数のページに分散されてしまうため、他のSEO対策をコツコツと積み重ねたとしても、その効果を最大限発揮させるのが困難となってしまいます。したがって、SEO対策をするのであれば可能な限り早めにURLの正規化をすべきと言えるでしょう。

URLの正規化を行う方法には、大きくhtaccessファイルを使って301リダイレクトさせる方法とcanonicalタグを使用する方法の2種類がありますが、301リダイレクトが使える場合は301リダイレクトで正規化するのが基本とされています。ただし、PC向けのページとスマホ向けのページを別々のURLで公開したい場合や、ECサイトでバリエーション違いの商品ページを用意する場合などにおいてはcanonicalタグを使用するのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *